平成20年品質工学講演会


山梨県品質工学研究会では会の正式発足を記念し、4月25日(金)15時より山梨工業技術センターで 講演会を開催しました。
  

研究会顧問の森輝雄(森技術士事務所)氏には「勝ち組に残るための開発プロセス・品質工学」と題し、パラメータ設計を説明していただきました。


続いて同じく顧問の増田雪也 (増田技術事務 所)氏には「最適生産手法の紹介、オンライン品質工学とMT法」という題で、二つの手法の概要と有用性を語っていただきました。


さらに両氏を交えたミニパネル討論では40分の時間いっぱい に熱い議論が交わされ、皆さん品質工学への理解を深めました。


会場には県内各地から50人を超える聴衆が集まり、 集計したアンケート結果でも県内企業の関心の深さが示されました。


講演後場所を移して設けられた講師と研究会員の懇親会では、講演会の成 功を祝うと共 に品質工学への熱い想いを相互に交換し、今後の活動について遅くまで語りあいました。



芦沢さんが撮影した写真はこちら →   

品質工学を業務に適用して見たい方、研究会に関心のある方は、お気軽にサイト内問い合わせページのあて先までご連絡ください。